“練飴”の読み方と例文
読み方割合
ねりあめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その荷物の間に挟まって、嬰児は嬉々としていた。時々、米の粉の掻いたのや、練飴ぶらせて行く。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)