“練玉”の読み方と例文
読み方割合
ねりだま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たった一粒身に着いていた珊瑚珠も、小間物屋に見せれば、それは練玉というい物だと分って、お金にはならず、腹が立つやら悲しいやらで涙も出ません。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)