“総襖”の読み方と例文
読み方割合
そうふすま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その後は三ばかりの総襖で、白い、藍紺の、ふとく荒い大形の鞘形——芝居で見る河内山ゆすりの場の雲州松江侯お玄関さきより広大だ、襖が左右へひらくと
江木欣々女史 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)