“総義歯”の読み方と例文
読み方割合
そういれば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
遠慮のないところを告白すると翁は総義歯をしていたのであるが、その呼吸が堪らなく臭い事を発見したので最初からウンザリした。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
と怒鳴って立上りがけに上の総義歯を舞台に吹き落すことがあった。
梅津只円翁伝 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)