“綿屋町”の読み方と例文
読み方割合
わたやまち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大塩平八郎は天満与力町を西へ進みながら、平生私曲のあるやうに思つた与力の家々に大筒を打ち込ませて、夫婦町四辻から綿屋町を南へ折れた。それから天満宮のを通つて、天神橋に掛かつた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)