“綾袈裟掛”の読み方と例文
読み方割合
あやけさが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「肩ほど斬りよいものはない。相手の右の肩先から左のに斬る。すなわち綾袈裟掛けだ! 右へれても腕を斬る。左へ逸れればを斬る、どっちにしても急所の痛手だ。うんこれがいい」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)