“綾操”の読み方と例文
読み方割合
あやどり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
絹木綿は綾操にくきものゆえ、今晩の引裂くという事は、御尊父様のお名をしたのかと心得ます、渡邊織江のというところの縁によって、斯様な事をいたのでも有りましょうか
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)