“網苧”の読み方と例文
読み方割合
あしお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曳手単節荒芽山を落ちる時も野武士に鉄砲で追われた、網苧鵙平茶屋にも鉄砲が掛けてあった、甲斐の石和の山の中で荘官木工作泡雪奈四郎に鉄砲で射殺された。
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)