“綱付山”の読み方と例文
読み方割合
つなつきざん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
足を引きずって来たのはお米と仲間の宅助で、もうこの辺へ来て四方を仰ぐと、綱付山赤帽子岳丸笹の峰などが、白雲の上に巨影をみせているので、まったく、山奥へ来たという感じが深い。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)