“継填”の読み方と例文
読み方割合
つぎはぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それを、は深いほど玉は冷たそうな、膝の上へ掛けたら、と思うが、察するに上へは出せぬ寸断継填らしい。火鉢も無ければ、行火もなしに、霜の素膚は堪えられまい。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)