“経陀羅尼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きやうだらに50.0%
きょうだらに50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
口に経陀羅尼の法文をして、夢にも現にも市鄽栄花の巷に立入ること無く、朝も夕も山林閑寂の郷に行ひ済ましてあるべきなり。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
如何に愛宕の申子なればとて、飯綱愛宕の魔法を修行し、女人禁制の苦を甘ない、経陀羅尼して、印を結びを保ち、身を虚空にらせようなどと
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)