経陀羅尼きょうだらに)” の例文
如何に愛宕の申子なればとて、飯綱愛宕の魔法を修行し、女人禁制の苦を甘ない、経陀羅尼して、印を結びを保ち、身を虚空にらせようなどと
雪たたき (新字新仮名) / 幸田露伴(著)