“組能”の読み方と例文
読み方割合
くみのう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その日の組能の何番目か、もう舞台はひらかれているらしい、遠く笛の音が聞える。大鼓小鼓の大らかな響きが流れて来る。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)