“組方”の読み方と例文
読み方割合
くみかた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もとよりはその筆頭をなすものでありますが、仕事が盛なだけに、組方に、色附に、形に様々な工夫をらします。竹細工のではおそらく別府が最も進んでいるかと思われます。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)