“細蠃”の読み方と例文
読み方割合
きしゃご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
のなかなる金色細蠃なり。軒に見馴れしと思う蜘蛛の巣のおかしかりしさえ懐しけれど、最も慕わしく、懐しき心に堪えざりしは、雪とて継母のなる、かの広岡の姉上なりき。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)