“細滝”の読み方と例文
旧字:細瀧
読み方割合
ほそたき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
北国のであろう、大池の橋を渡って、真紅に色を染めた桜の葉の中に、細滝を見て通る頃から、ぽつりと雨がった。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)