“細書”の読み方と例文
読み方割合
さいしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
独り燈下に細書め、ようよう十二時頃書き終りて、今やに就かんとするほど、稲垣は帰り来りぬ。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)