“細工飴”の読み方と例文
読み方割合
さいくあめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中で一番記憶に残っているのは細工飴の店で、大きな瓢箪橋弁慶なぞを飴でこしらえて、買いに来たものはを引かせて、当ったものにそれをるというので、私などもよく買いに行ったものだが
梵雲庵漫録 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)