“紫華鬘”の読み方と例文
読み方割合
むらさきけまん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紫華鬘の花株を握ったりしたあと、滝壺に接近して佇んだが、もうもうとけむる水煙のなかに、大きな一本の生まの流木が根を上にひっくりかえり
滝しぶき (新字新仮名) / 吉野秀雄(著)