“紅褌”の読み方と例文
読み方割合
あかべこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
タッタ一枚着ておりました私の褞袍を上から引っせて、紅褌一貫で先に立って、霜柱だらけの山蔭をお寺の方へ行きますと、暫く行くに、大惣は元来の大男で、ツン州の力が足らぬと見えて
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)