“紅葉材”の読み方と例文
読み方割合
もみじざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
モウ十一月というのに紺サージの合服と、汽車の中で拾った紅葉材のステッキ一本フラットというんだから蟇口の中味は説明に及ぶまい。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)