“精系”の読み方と例文
読み方割合
せいけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人々、さまざまに計らいて精系を糸にて結びたるときは、命の限りとばかりにて、腹の中の物を差入れらるる心地ぞせられける。ほどなく切捨てたるにや、その心地もりぬ。
玉取物語 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)