“米薪”の読み方と例文
読み方割合
こめまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
引っ張っとくにも行きませず、家主の方もどうかしなければならず、今月の末になると米薪でまた心配しなくっちゃなりませんから、算段出掛けたんです
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)