“筆苞”の読み方と例文
読み方割合
ふでづと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
腰の筆苞から絵筆を抜き、料紙を片手にして立ちうと、何と考えたか、八荒坊は、燕返りに飛びすさッて
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)