“笑傾”の読み方と例文
読み方割合
えみかたむ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「はい、」しばらくして、「はい、」媼は返事ばかりでは気が済まぬか、団扇持つ手と顔とを動かして、笑傾けては打頷く。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
と時々刻んでいた阿婆が、お座敷と聞くと笑傾
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
七兵衛は笑傾
葛飾砂子 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)