“窮々”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きう/\50.0%
きゅうきゅう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“窮々”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
やり始めてから三年になるが、未だに名声もあがらず、窮々きう/\云つて原稿生活を持続してゐる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
隠居は窮々きゅうきゅうとして受身である。神尾は劫を仕掛けて、いよいよ有利と見える。もはや、充分に死命を制したつもりで得意になると、三たび、その手が盃に触れる。唇のところまで持って来て、
大菩薩峠:21 無明の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)