“神内”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カミウチ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神内”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 神道 > 神道20.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
熊野新宮の対岸神内カミウチでは、年内から、墓場に花籠と称する髯籠を立てゝ、其には花の代りに餅をつけて、正月の墓飾りをする由である。
髯籠の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)