“精神内守”の読み方と例文
読み方割合
せいしんうちにまもれば100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
抽斎は『』の「清明在躬志気如神」の句と、『素問』の上古天真論の「恬惔虚無真気従之精神内守病安従来」の句とをして、修養して心身の康寧を致すことが出来るものと信じていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)