“神保氏張”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じんぼうじはる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神保氏張”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——森山城もりやまじょうには、神保氏張じんぼうじはる同苗どうみょうせいろうを。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
成政は、ただちに、街道から小道までを遮断しゃだんし、兵馬に糧と休息を与え、その間に、幕将の神保氏張じんぼうじはる野々村主水ののむらもんど久世但馬くぜたじま
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)