“神保帯刀”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じんぼたてわき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神保帯刀”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
父つぁんもとうから知っての通り、船津のご領主神保帯刀じんぼたてわき様、こちとらのご主君弾正太夫様を日頃から煙たく思っておられたところ、今度どうやら軍兵を出して攻め寄せられるというような噂。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)