“神保修理”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
じんぼしうり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“神保修理”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 国家の形態・政治体制100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
すると、このあいだ、亡くなった石渡荘太郎いしわたそうたろうの父親の、石渡敏一の親類で、神保修理じんぼしうりという男が、「錦旗が出でたり。」とふれまわり、全軍が騒ぎになった。