“石樋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いしどい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“石樋”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
口門を入ると桝形ますがたがある。ここには石樋いしどいがあり、口元は千百二十四貫八百五十九匁の鉛を敷いてある。
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
シャン・ゼリゼーの石樋いしどいをおおうこと、三十五センチの高さにおよんだ。