“眩光”の読み方と例文
読み方割合
げんくわう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
糢糊の間にきて游ぶにあらざるかを疑ふ、三浦半島と房総と、長虫の如くねりて出没す、武甲の山は純紫にして、蒸々たる紅玉の日、雲の三段流れにみ入りて、眩光を斜に振り飛ばすや
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)