“真緑”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まみどり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“真緑”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それがお前様、真緑まみどりの、光のある、美しい、珠じゃったげにございます。
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それに台のスッと細い、浅くてぱッと口の開いた、ひどくハイカラな硝子盃コップを伏せて、真緑まみどりで透通る、美しい液体の入った、共口のびんが添って、——三分ぐらい上が透いていたのでしたっけ。
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)