“白直殿:はくちょくでん” の例文
“白直殿:はくちょくでん”を含む作品の著者(上位)作品数
田中貢太郎2
“白直殿:はくちょくでん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 中国文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
「私は白と申します、私の家は白三班はくさんぱんで、私は白直殿はくちょくでんの妹で、張という家へ嫁いておりましたが、主人がくなりましたので、今日はその墓参をいたしましたが、こんな雨になって、困っているところを、お陰さまでたすかりました」
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「私は、はくと申します、私の家は白三班はくさんぱんで、私は白直殿はくちょくでんの妹でちょうと云う家へかたづいておりましたが、主人が歿くなりましたので、今日はその墓参をいたしましたが、こんな雨になって、困っているところを、お蔭さまでたすかりました」
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)