“白玉:はくぎよく” の例文
“白玉:はくぎよく”を含む作品の著者(上位)作品数
与謝野寛1
与謝野晶子1
田山花袋1
“白玉:はくぎよく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
或は激湍げきたんあわを吹いて盛夏なほ寒しといふ白玉はくぎよくたにがは、或は白簾はくれんにじを掛けて全山皆動くがごとき飛瀑ひばくの響
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
海の霧旅順の山にひろがれば虚空にありぬ白玉はくぎよくの塔
PR