“白玉椿:しらたまつばき” の例文
“白玉椿:しらたまつばき”を含む作品の著者(上位)作品数
泉鏡花1
紫式部1
“白玉椿:しらたまつばき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
多一が屏風の外に居て、床の柱の、釣籠つりかごの、白玉椿しらたまつばきの葉の艶より、ぼんやりとした素袍で立った。
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(「高砂の尾上をのへに立てる白玉椿しらたまつばき、それもがと、ましもがと、今朝けさ咲いたる初花にはましものを云々うんぬん」という歌詞である)源氏は服を一枚脱いで与えた。
源氏物語:10 榊 (新字新仮名) / 紫式部(著)
PR