“産寧坂”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
さんねんざか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“産寧坂”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「はい、産寧坂さんねんざかの下の陶器すえもの作りの家の老婆としよりが、夜泣き癖のある孫を負うて、子安こやす観音へ夜詣りに来ていたのでございました」
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
産寧坂さんねんざかを上りきった頃を見すまして、吉次がうしろから声をかけた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)