“現責”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うつつぜめ50.0%
うつつぜ25.0%
うつゝぜ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“現責”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こんな臭い部屋へ抛りこんで現責うつつぜめとやらで俺の口供を強ひても要求するやうでは俺はとても我慢しきれない。
逆徒 (新字旧仮名) / 平出修(著)
殺さぬまでに現責うつつぜめに苦しめ呪うがゆえ、生命いのちを縮めては相成らぬで、毎夜少年の気着かぬ間に、振袖に扱帯しごきおびした、つらいぬ
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「よくもあんなに碁が好きな人ですね。月に一度か二度は夜っぴてやりますが、一と晩現責うつつぜめですよ。カチカチと石の音がするんですもの」
銭形平次捕物控:050 碁敵 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
「よくもあんなに碁が好きな人ですね。月に一度か二度は夜つぴてやりますが、一と晩現責うつゝぜめですよ。カチカチと石の音がするんですもの」
銭形平次捕物控:050 碁敵 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)