“玄々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
げんげん50.0%
げん/\50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
玄々たる太沖の中に一ところかきものありこの地球の上に
和歌でない歌 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
其時玄々不可思議奇絶怪絶、きものちらりと見えて、背向の婦人一人、我を去る十歩の内に、立ちしは夢か、幻か、我はた現心になりて思はず一歩引退れる、とたんに此方を振返りし
妖怪年代記 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)