“狃染甲斐”の読み方と例文
読み方割合
なじみがい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
後生だから今日だけ、お狃染甲斐を助けて頂戴。ね。妾、武雄の温泉で長崎から宝石入りの麻雀を抱えて来た男の荷物を置き換えて来たんだから。その男が税関の役人に押えられる間際によ。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)