“牽索”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けんさく50.0%
ひきなわ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“牽索”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「四千メートル」の語は、あまねく右舷及び艦の首尾に伝わりて、照尺整い、牽索けんさく握られつ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
されば、部下の砲員も乱れ飛ぶ敵弾を物ともせず、装填そうてんし照準を定め牽索ひきなわを張り発射しまた装填するまで、射的場の精確さらに実戦の熱を加えて、火災は起こらんとするに消し、だんは命ぜざるに運び
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)