“牽付”の読み方と例文
読み方割合
ひきつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蒼白い——が妙に人を牽付ける顔、乳の上で縛った荒縄など、極めて変態的ながら、たとえようもない艶美なものだったのです。
恥かしそうに私のお乳を飲まして欲しいなぞとわたくしに面と向って言うほど牽付けられるものを感じていながら、その反対の所作に堕ちてしまうなぞ
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
そう言われるとどこかで見たことのあるような、——美しいというよりは、愛くるしい、聡明そうな顔立ちが人を牽付けます。