“爾前”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にぜん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“爾前”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 医学 > 基礎医学50.0%
哲学 > 仏教 > 各宗7.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
大覚世尊たいかくせそん(釈迦)が年七十二の時、法機やうやく熟して法華爾前にぜんに於ける権実ごんじつ両教の起尽を明かにするため無量義経むりやうぎきやうを説き「四十余年未顕真実みけんしんじつ」と喝破して静かに禅定ぜんじやうに入つた話は仏者の間に有名であり
毒と迷信 (新字旧仮名) / 小酒井不木(著)
この僧都、これ程の人とは思わなかった。無下むげのことである。一宗を樹つる時に彼は廃立はいりゅうのむねを知って居るだろうと思われるがよい。然るに法華をもって観経往生の行に入れられることは、宗義の廃立を忘るるに似ている。若しよき学生ならば観経はこの爾前にぜんの教えである。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)