“熱恋”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねつれん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“熱恋”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
真剣しんけんの時は、思わずほんとの心が出るものだ——とすれば——こう考えて来た時、お妙は、自分が喬之助に熱恋ねつれんささげているのであることを知って、一時に、え切れない恥かしさが燃え上って来て、顔が、火のようになっているのに気がついた。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)