“熊襲”の読み方と例文
読み方割合
くまそ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よくまあ、あんな熊襲みたいな人のところへ行く気になつたことねえ」と、親類ぢゆうの小母さん連は、よく照子をからかつた。
地獄 (新字旧仮名) / 神西清(著)
仲哀天皇は、ある年、ご自身で熊襲をお征伐におくだりになり、筑前香椎の宮というお宮におとどまりになっていらっしゃいました。
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
インドチャイニース族の集合であるところの熊襲が大和朝廷にしばしばいたのは新羅が背後から使嗾するのであると観破され
日本上古の硬外交 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)