“無髥”の読み方と例文
読み方割合
むぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その紫色の煙幕を隔てて、有名なモジャモジャ頭と、無髥の、どことなく愛嬌のある混血児の様な顔と、その癖鋭い目とがあった。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
続いて起ったのは、実業家の林敬五郎でした。四十前後の鋼鉄で鋳上げたような精悍な感じのする男で、無髥の唇を拭きながら、張り切った調子で始めます。
三十五六歳の、無髥の男だ。これという特徴もない。その顔の所々に、熱い蝋にやけどをして、異様な斑紋が現れている。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)