“灯色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほしよく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“灯色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
また空は曇つて来た。重い湿気は低く垂れて、灯色ほしよくの影は真綿で包むだやうにぼんやりともつて居た。これから人が出盛るのに、降らせ度くないものだな、などゝ往来の人が話して居た。
秋雨の絶間 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)