“源助町”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げんすけちょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“源助町”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
奥平大膳殿屋敷の近くから、脇坂淡路守の土塀に沿うて、いつしか三人は芝口を源助町げんすけちょうの本街道へ出ていた。
と叫んだのは、大袈裟おおげさだったので、真っ先に笑い出したのは、通称つうしょう源助町げんすけちょうの丹ちゃんこと鏡丹波だ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) epub / 林不忘(著)