“母鹿木”の読み方と例文
読み方割合
ハハカキノ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新撰龜相記(友人富岡謙藏氏が井上頼國博士の藏本より傳鈔せる者によれり井上本は吉田家の祕書を寫せる者なりと云ふ)に今祭卜部坊櫛間智神社とありて其の注に母鹿木神社也
卑弥呼考 (旧字旧仮名) / 内藤湖南(著)